く・も・わ

小学5年生で学ぶ割合の問題。

く・も・わ(比べる量・もとにする量・割合)と覚えて計算をしていくわけですが、それぞれを求める計算はあてはめていけば計算自体はできるので、練習でものにできます。

問題は、文章題。

特に、『全体を1としてとらえて~』と考えていくものは、つまづく生徒も多いようです。

生徒の理解が浅いうちは色々な式を立ててくれて、また答えの数字もあらぬ方向になったりもしますが、“何を求める式”か“何を求めた”かなど質問していくと、生徒自身で間違っている事に気づき、後に立式もしっかりとしたものになってきます。

こうなると、あとは様々な種類の問題をこなしていくのみですね。

また、、この割合は中学生でも苦手とする生徒も多いので、塾でもこれでもか言うくらいこなしてもらいます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。